CSVCREATING SHARED VALUE

中央電力 > サステナビリティ > CSV

CSV(Creating Shared Value:共有価値の創造)

当社はマンションコミュニティ、企業、地域社会の活性化を通じて、ステークホルダーの皆さまと共有できる価値の創造に取り組みます。

マンションコミュニティの活性化

マンションにお住まいの皆さまのコミュニティに様々なサービスを提供し、
より良いコミュニティの形成や運営に貢献いたします。

1. 「マンション一括受電サービス」を通じた貢献

マンション一括受電サービスはマンション全体の電気代削減、さらにはマンション管理組合さまの一般会計の改善手段として多くのお客さまにご利用いただいております。

2. マンションのお客さまに向けた新規事業の展開

デジタルサイネージサービス及びEV・PHEV充電サポートサービスを通じて、マンション内での情報交流の活性化、利便性や資産価値の向上に取り組んでいます。

3. さらなる新規サービスに向けた「リコラポイントモール」の開設

2020年12月より開設したリコラポイントモールを活かした新規サービスを生み出し、マンションにお住まいの皆さまのさらに身近な存在を目指していきます。

企業の活性化

中堅・中小企業のお客さまの課題解決に取り組み、
事業の活性化に取り組みます。

中央電力は電力小売事業を通じて、全国の企業さま、特に、中堅・中小企業の方々を中心に安価な電気をお届けしております。
お客さまに寄り添う形で提案を行う中、多種多様な経営課題についてお聞きしております。
当社には、業務改善を通じて培ったDXのノウハウがあります。これを活かし、お客さまの経営課題の解決、事業基盤の構築・活性化を実現いたします。

地域社会の活性化

地域の方々と協力し、
自社の製品・サービスを活かした地域社会の活性化に取り組みます。

1. 地熱発電事業の創出による地域活性化

中央電力は2012年、熊本県小国町わいた地区にて、新しいビジネスモデルの地熱発電事業を立ち上げました。※
ビジネスモデル(わいたモデル)の一番の特徴は、地元の方々が結成した「合同会社わいた会」を事業主体(=電気事業者)としていることです。
これにより地域に直接収益が上がり、新たな地元雇用が生まれ、地域活性化の呼び水となります。
この事業を進める中で、地元の方々がコミュニケーションを深められ、途絶えていた地域伝統の盆踊りが2016年8月に17年ぶりに復活しました。

関連ページ

ふるさと熱電株式会社(https://furusato-nd.co.jp/activation/
合同会社わいた会(https://waita-kai.com/

※現在は関係会社「ふるさと熱電株式会社」が運用・保守業務の受託を継続中。

2. 新たな地域活性化事業「船橋プロジェクト」

現在、デジタルサイネージを活用した地域活性化プロジェクト「船橋プロジェクト」を推進しております。
今後、当社の技術や、リコラポイントモールと併せたさらなるサービスの拡充を通じて、地域活性化への貢献を果たしていきたいと思います。