中央電力
RECRUITMENT
ENTRY

PROJECT 03プロジェクトを知る
「改革」

理想を現実に。業務オペレーション改革を通して、新しい価値を創造する。

電力小売全面自由化が2016年にスタートし、新たな市場が形成されつつある中、電力小売事業に参入する事業者にとって重要なのは、新事業を確実にスタートさせること。また、事業拡大や法改正への対応など、今後予測できないニーズに対してもスピーディかつ柔軟に対応する必要があります。そのためには、顧客管理や料金計算など、電力小売事業に必要な主要機能を標準で装備しているシステムを利用することは必要不可欠です。新事業のスムーズな始動と今後の発展を力強くバックアップする存在になることを目指し、強固なシステム基盤と仕組みを構築するため、まずは業務オペレーション改革を行っています。

Talk
Session
03

業界を支える若手女性社員エネルギー企業DXの
未来を語る

第一プラットフォーム部
業務プロセス管理課長
藤枝 小百合
Sayuri Fujieda
第一プラットフォーム部
業務プロセス管理課
千葉 明日香
Asuka Chiba

― エネルギー企業DXの取り組みで業界の発展を支援する。

藤枝 本プロジェクトでは、電力小売事業において、お客さまにサービスをスピーディに提供することを目的に、デジタル技術を活用した業務オペレーションプロセスの改善を行っています。現在はシステム開発を経て、効率的にサービス提供につなげられていますが、課題がゼロになった訳ではありません。システムにさらに磨きをかけている段階です。

千葉 まさに、エネルギー企業DXの取り組みですよね!クラウド化した基幹システムと効率化・自動化された業務オペレーション基盤をエネルギー企業に提供し、BPaaS(Business Process as a Survice)事業として業界の発展を支援したいと考えていますので、そのためには業務オペレーションをシンプルにすることが欠かせませんね。

藤枝 電力小売事業の立ち上げ当初は、ほとんどの業務を手作業で行い、Excelで管理していました。お客さまからのお申し込み件数が増加している一方で、複雑な業務オペレーションによりバックオフィス側の処理が追いつかず、新規営業を一時的にストップさせるにまで影響が及んだことも。そうした経験を経て、電力小売のバックオフィス業務を効率化することを目的に、新たにシステム開発するに至りました。当社のエネルギー企業DXの起点ですね。

千葉 電力小売事業の立ち上げ当初と比較すると、現在は、同業他社の事業をバックアップできるまでに仕組みを高度化できているのでかなり進歩していますよね!

― 理想が現実になっていく達成感とやりがい。その積み重ねが未来を切り開くカギに。

藤枝 進歩を続ける中で、電力小売におけるバックオフィス業務の中枢となる顧客管理・請求業務をシステム化できたことは、大きな達成感を得られましたね!今後は、ペーパーレス化、データ登録時の精度向上が課題です。お客さまにいち早くサービスをご利用いただくにはどうすればよいか?品質の高いアウトプットを生み出すには何が必要か?という視点から、さらに業務をスリム化していこうと考えています。

千葉 その課題は確かにありますよね。私は、お客さまにサービス提供を行う前の最終チェックは非常に慎重に行っています。ミスが許されない作業であり、お客さまにとって使えて当たり前の電気をお届けするための責任を感じながら取り組んでいます。お客さまが無事に電気を使えていることそのものがやりがいなのかもしれません。

藤枝 千葉さんは業務の違和感や疑問を絶対に見逃さないですよね。「これって何だろう?」を徹底的に突き詰めて、解消してからでないとGOを出さない。この業務においては、その精密さと丁寧さが、お客さまに適切なサービスを提供するために絶対的に必要な要素なんだと思います。

千葉 そう褒めて貰えると嬉しいですね。(笑)私だけでなくチームのメンバーは皆同じように責任感を持って取り組んでいますし、藤枝さんの理想を追い求める姿を見て感化されているんですよ!

藤枝 お客さまに喜んでいただくために「ああしたい。こうしたい。」と考えていたことが山ほどあったのですが、当社のDX推進部隊と連携することで理想が現実になりつつある実感があって嬉しいですね。エネルギー事業を営むうえで必要な供給事業者切替や請求業務のプロセスを綺麗にシステム化することで、他社でも問題なく運用ができるシステムにできたことが今後の未来を切り開くカギになると感じています。

― 思い描く未来は、より多くのお客さまに喜んでいただくこと。

藤枝 構築したシステムを、同業他社へパッケージとして利用していただき、電力小売業界のバックオフィス業務を下支えしたいです。また、当社のお客さまが100倍になっても対応ができる強固な基盤・仕組みを目指して、システムを磨き上げていきたいと思います。

千葉 従来は裏側の仕組みが脆弱であったために、お客さまの数を増やすことが難しかったんですよね。しかし現在は、お客さまが増えても問題なくサービス提供をすることができるようになり、さらにスピードを追求できるようになってきました。だからこそ、より多くのお客さまに喜んでいただけるよう、webマーケティングを活用しながら新たな領域へのサービス提供準備を進めています。これからも走り続けていきます!!

NEXT
PROJECT 04「革新」
中央電力 > 中央電力/採用サイト > PROJECT/プロジェクトを知る > PROJECT 03 「改革」